上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぷうちんが入院していた時は
「今年はクリスマスなんて関係ないな~」なんてぼんやり考えていましたが
退院が決まって慌ててツリーを出しました^^;











1ks1DyyZlhWCMdb1388391643.jpg
酸素ハウスもちょこっと飾り付け








_SuKvOlHz3zcyRp1388392028_1388392574.png
輸液(点滴)の時だけ、5分ぐらい外に出ます
サンタ帽でパチリ







特別なご馳走もプレゼントもありませんでしたが
クリスマスをお家で過ごせた事が最高のプレゼントだね~ぷうちん













クリスマスが終わって・・・・26.27日とまるでご飯を食べなくなってしまったぷうちん
また胸に水が溜まったのか?・・・・・仕事を早退して病院に連れて行くと


思った通り、レントゲンに写ったぷうちんの胸は水でまっ白
カテーテルで胸水を抜きましたが、肺にも水が溜まっていて(肺の水は抜けないのです)利尿剤を投与

その時、院長先生は
「本当に頑張ってるね・・・正直言って3日位で来ると思ってた」と





処置が終わり暫く酸素室で呼吸が落ち着くのを待ってから帰宅・・・・・











この後の帰宅までの20分の間にぷうちんの容体が悪くなってしまいました

酸素がない中での移動 一番恐れていたことが・・・・・
苦しそうにハーハーするぷうちんを見て、病院に戻るか家に帰るか迷いましたが
もう家の方が近かったので ぷうちんママ半泣き状態で運転













家について酸素の流量を最大限にしましたが
横にもなれない状態で苦しさに耐えてるぷうちんを見て
その晩だけでも病院の酸素室で過ごさせればよかったと後悔








「水も抜いたし、利尿剤も投与したんだから絶対大丈夫」そう自分に言い聞かせ

横になりやすいようにケージの中にベッドを入れて・・・・




W0_qEwStrCiEIuS1388392812.jpg
一晩中ぷうちんの傍についていました




明け方 ザッザッと言う音で、うつらうつらしていたママ ハッと目を覚ましたら
ぷうちんがトイレで砂をかいていました


3日間でなかったウンチをしていて
・・・・安堵
呼吸も随分楽になり、朝になると





zcNz9Hq00uMV_rB1388393310.jpg
こんな感じで横になって寝ていました





ぷうちん どうしてこんなに頑張れるの?

凄いね  偉いね   ママは涙が止まりませんでした




10月に腎臓が悪いと判明した時、院長先生がパパに
「今年いっぱいもつかどうか」と言ったそうです







そんな事あるはずないって思いましたが


もうすぐ16歳・・・人間で言う80歳
肥満細胞腫・骨瘤・下部泌尿器疾患・腎不全
色々抱えながらここまで頑張ってきたのが奇跡なのかもしれません








不要な延命処置はしません(パパととことん話し合いました)

でも、今の状態
胸に水が溜まったら抜いてあげる・・・それは、不要な延命措置だとは思いません



少しでも食べる意欲もある  自分で排泄もできる
酸素室から出る事は出来ないけれど、一生懸命生きようとしているぷうちん
私たち夫婦に出来る限りの事はしようと思っています







まだまだ高い山が待ち構えているかもしれませんが。。。。。。。。








zy0x9TxmH2XhT3Z1388392897.jpg
こんな安らかな寝顔を見ると、まだまだ ぷうちんは私達の傍にいてくれると確信しています








これからの通院 安心してぷうちんを病院まで連れていき・・・・帰れるように
PxSBRdXM3shQm6i1388392635.jpg
携帯酸素レンタルしました











あと1日で今年も終わり



ぷうちん 新しい年を一緒に迎えようね(*^_^*)!










ブロ友の皆様 今年もお世話になりました
ぷうちんに温かい応援ありがとうございました
ブログをお持ちでない方も たくさんの励ましいただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです


また来年も宜しくお願い致します
みにゃさまにとって素晴らしい一年の始まりでありますように!!





 ぽちっとしていただけると更新の励みになります
↓↓
 にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
いつもありがとうございま~す
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。